2017年1月27日金曜日

新人移民さん向け、スウェーデンの教育システム情報

 今週もあっという間に過ぎ、金曜日です。そして、この間始まったと思っていた2017年も1ヶ月が過ぎようとしています。クリスマスが開けると、同僚と何の話をするかって、夏休みの計画です。はやっと思うのですが、スウェーデンの夏休み長期休暇に向けた計画は3月中旬には始まり、子供がいれば、学校や幼稚園などに夏の休暇予定を出さなくてはいけないし、職場の休暇申請もその頃に始まるので、今から考え始めないと行けないのです。私の休みは決まっているので悩むことはないのですが、主人の休みをいつにするかという話をしています。

 今日は、スウェーデンの教育システムに関するページの紹介です。スウェーデンの学校局が新しくスウェーデンに移民してきた人向けに最初に知っておくといい情報をまとめて14言語で作成した教育システム紹介のページがあります。就学前学校、学童保育から、特別支援学校まで、学校のシステムをわかりやすく紹介してあるので、ざっとどんなものか知るのには良いのではないかと思います。14言語の中に、日本語はないのですが、英語があるので、知りたい人は是非!

移民向け14言語のスウェーデンの教育システムの情報ページ

英語のページには、こちらから直接どうぞ





2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    今日、初めてこのブログのことを知りました。
    Swedish school for new arrivals も興味深いです。
    しかし、そもそもComprehensive schoolとは何かというのがよくわかっていません。検索しても日本語の説明では英国のそれのことしか記述されておらず、無理して英語のWikiを読んでみたのですが、やはり英国中心みたいで7歳~というスウェーデンの仕組みとは少し違いそうです。
    で、ここで聞きたかったのは、スウェーデンでインクルーシブ教育システムはどのように考えられているかということです。もしかしたら、過去にそこに触れていらっしゃるかもしれませんが、うまく検索できませんでした。
    急ぎませんので、ついでの時に、教えていただければ幸いです。

    返信削除
  2. tu-taさん 初めまして!コメントをありがとうございます。ブログをのぞいてくださり、ありがとうございます。Comprehensive schoolとは、スウェーデン語のページを見ると、小中学校、義務教育の学校を指しているようです。インクルーシブ教育のシステム、最近よく聞かれます。ブログで少し紹介しますね。今後ともよろしくお願いします。

    返信削除

コメントをありがとうございます。