2016年1月31日日曜日

PODDを学んだヨーテボリ研修

 マイナス10度前後の寒い日が続いたかと思ったら、春のような陽気になり、体調を崩す人が増えるのではないかと心配しています。今週は、久しぶりに2泊3日でヨーテボリに研修に行ってきました。コミュニケーショングループというグループがあるのですが、そのメンバー4人で行ってきました。

 火曜日の午後、電車でヨーテボリに向けて出発し、夜19時半にはホテルにチェックインし、早速みんなで夕食。プライベートなことから、仕事のことまで、ありとあらゆる話で盛り上がりました。水曜日、木曜日と2日間の研修で学んできたのは、PODDと呼ばれるコミュニケーションシステムです。PODD(ポッド)は、オーストラリアの教育者、ゲイリー・ポーター(Gayle Porter)によって開発された絵を用いたコミュニケーションシステムで、英語では、Pragmatic Organisation Dynamic Displayと呼ばれ、この頭文字をとってPODDと呼ばれています。彼女が障害を持った子どもたちに使い始めたのは、約30年ほど前だと聞きましたが、それから試行錯誤が繰り返され、ここ数年、北欧に広がってきたもののようです。私が最初に知ったのは、昨年の秋頃で、ストックホルムのハビリテーリングで1回研修を2時間ほど受けました。今回は、2日間、基礎的な知識を得るというもので、想像以上に興味深いものでした。簡単に説明するならば、以下のように絵がその意味と一緒に並んでおり、これがカテゴリー別に組織的に並んでいることによって、いわゆる言語の習得が難しい子供でも会話をすることができる、言語発達が促せるというものです。

こんな感じで、絵とその意味が書かれているコミュニケーション本です。

 

こんな9つの絵が並んでいるものが、最初の段階で使われるものです。
(現在は、12の絵が並んでいるものを最初の段階に使うように進めているとのこと)


使い方を簡単に説明すると、最初のうちは、会話の援助をする人が指を指し、どの絵を指しているかを確認していき、例えば、何かが欲しい場合は、真ん中の列の一番上の絵を指差した時に、子供がYesの反応をし、次に、その絵の右上にある11番のカテゴリーのページに移り、そのページの絵の中にあるものを順番に見せながら、何が欲しいのかを会話していくというものです。興味のある方は、以下のビデオを。英語ですが、どんな感じで会話するのか、イメージが掴めると思います。(ものすごく簡単に説明しましたが、色々と段階ややり方などがあります。。。)


 このコミュニケーションシステムのいいところは、子供の語彙力と言語発達に注目し、今まで会話をすることは難しいとされてきた重度の子供たちにも会話をする可能性を見出したことと、考える力を育てる可能性を見出したことにあると思います。

 使い始めるのは、子供が小さければ小さいほどがよく、コミュニケーションシステムの習得とともに12の絵のものから20、40、70と1ページの絵が増えていき、語彙力が増えていきます。視覚に障害がある場合は、以下のような感じのものを用いることもできます。

 子供によっては、1ページに絵が一つというようなものを使う場合もありますし、絵の配置が違うものを使う場合もあります。


 スウェーデンは、障害を持った子どもたちにも、自分の意見を持つことを教えることに感銘を受けてきましたが、長く関わってきて思うのは、やりたいことを伝えることができるようになっても、自分の思考を全て伝えられるようになるわけではないのだということです。コミュニケーションというのは、「リンゴが欲しい」というものだけではなく、昨日何をしたのか、何を考えているのかと、様々なことが含まれています。そういった部分をカバーできるコミュニケーション支援の方法が、重度の子供には少ないのです。PODDは、そこを補える可能性を秘めていると思いました。これから、学校で一緒に行った先生と色々開発していこうと話していて、どんな成長が子供たちに見られるのか、今からたいへん楽しみです。


 雨が降り、風が強かった、ヨーテボリ、ホテルと研修の会場の往復のみでしたが、同僚とサウナに入ったり、美味しい食事をしたりと、楽しい研修でした。

2016年1月3日日曜日

3月の日本週間のボランティア募集のお知らせ

 お正月気分など最初からあまりなかったのですが、そろそろ仕事が始まるなあ、休みもおしまいだなあと思い始め、3月の日本週間のボランティア募集について書こうと思いました。

 私の働いている特別支援学校では、日本の特別支援学校との姉妹校交流が始まってから、毎年、1回から2回、日本週間という期間を設けて、日本の文化に触れる勉強をしています。今年も昨年と同じ時期に行うことになっており、ボランティアとして参加してくださる方を募集します。日時などは以下の通りです。


日時:2016年3月15日火曜日と16日水曜日の2日間の予定。朝8時45分から14時まで
場所:ストックホルム郊外。メッセージをくださった方に詳しい場所やアクセス方法をお伝えします。

ボランテイアなので、お給料などは出ません。そのため、次のような方の中で参加して協力してくださる方がいればと思っています。


  • 特別支援教育に興味がある、特別支援教育を学んでいる、スウェーデンの特別支援学校を見てみたい。
  • 重度の障害を持った子供達と関わってみたい。(私の働いてる学校は重度重複障がいを持った生徒が通っている学校です。会話が可能な子供もいますが、発語がない子供も多く在籍しています。)
  • 日本の文化を伝えたい。

日本週間で今まで行ってきた内容は次のような感じです。

  •  書道:毎回行っている人気のコーナーで、書道のお手伝いなど。
  • 茶道、日本のお菓子のコーナー:毎回人気がある「食」のコーナーで、お茶をたてていただいたり。
  • 折り紙:一緒に手伝って簡単な折り紙を折っていただいたり。
  • 大正琴:
  • ダンス:
このほか、こんな特技があるから、ぜひ行いたいという方がいらっしゃれば、行うことも可能です。あと、日本の楽器や音楽を演奏できる、歌を歌えるという方も募集中です。重度の障害を持った子どもたちに音楽をきかせたいというような方がいらしたら、来て欲しいです! 


この他に知っておいていただきたいこととは、



  • ボランテイアになります。お給料やお礼は出ません。学校の給食と食後のコーヒーをごちそうします。
  • 多少でもスウェーデン語、もしくは英語が話せる方。でも、やる気が一番重要です。例年複数の方が参加してくださり、2、3名で組みになって行いますので、言語に自信がない方はおっしゃってくだされば、スウェーデン語の話せる方と組んでいただくことも可能です。
  • 時間は、8時半に学校が始まり、14時に終わりますので、その間の都合のいい時間ということになります。できるかぎり、1日お手伝いいただけたらと思っています。数時間でチラッと見ていただくよりも、1日じっくり子どもたちや学校の様子を見ていただき、お手伝いいただきたいという気持ちがあります。
  • 参加日数は、1日でも、2日間でも3日間でも構いません。ご都合に合わせて参加していただければと思います。 


今回でなんと5回目になる日本週間。よく続いているなあと我ながら思います。興味があるという方、ぜひ、こちらのメールアドレスに、swedenpedagog@yahoo.co.jp ご連絡をください。コメント欄を通じてのご連絡でも構いません。(コメントは承認制で公開されませんのでご安心ください。)質問などあれば、遠慮なくしてください。ご応募お待ちしております!

今年は、希望者が多く、2016年2月10日をもちまして、ボランティアの募集は終了しました。特に定員というのはなかったのですが、宿泊の手配などもあり、一定の人数で募集を終了しようと思いました。たくさんの方からの参加と問い合わせをありがとうございました。

2016年1月2日土曜日

新年にあたり、挨拶を。。。

 新年あけましておめでとうございます

新たな年を迎えて、二日目。年賀状もクリスマスカードもたいして出さない私は、「あけましておめでとうございます」の挨拶が出来るうちに、ブログやSNSに新年の挨拶を書かなくてはと焦っております。今年は、友人宅で新年を迎えました。スウェーデンでは、多くのヨーロッパ諸国同様、1月1日になったところで花火が上がりますが、友人の「今年は花火が多い、みんな経済的に潤っているんだろうね。」という言葉が印象的でした。

 2015年を振り返ろうと思い返す努力をしてみた、年末。大きな出来事としては、やっぱり、同僚たちを訪れた広島の姉妹校訪問。深い思い出になりました。あとは、母がスウェーデンを訪れたので、一緒に回ったヨーロッパ旅行も思い出深いです。あとは、家の1階が下水に浸かったことかなあ。未だに1階は使えず。。。昨年は、第1教諭になって、仕事が増え、年末もいろいろと考えました。そんな2015年を後にして、迎えた2016年。どんな年になるのかなと思っております。結婚をしたときに親友がくれたカードの詩をよく思い出します。

 昨年は、この詩を噛み締める時が何度かあり、平凡な何もない普通の日に感謝し、穏やかな日々を望むようになったのは、年を少し重ねたせいだろうと思います。テレビでは、今年の抱負をいかに達成するかというような話をしており、今年はどんなことを目標にしようかと考えています。未だに目標さだまらず。とりあえず、ブログを定期的に更新できるようにしようと思います。何せ、日本語を使わないので、ブログを更新しないと日本語で考えて、書く力がドーンと低下する。。。こんなブログですが、スウェーデンや日本の教育に興味のある方と交流できればと思います。今年もよろしくお願いします。