2015年1月8日木曜日

スウェーデンの特別支援学校で日本を紹介しませんか?ー日本週間のご案内ー

昨日から春学期が始まり、日常の忙しさが戻りつつあります。水曜日は研修日で会議が1日あり、その際に春学期の主な日程も決まってきました。私の働いている特別支援学校は、日本の特別支援学校と姉妹校になっており、「日本週間」というのをします。このブログでも何度か取り上げてきました。日本週間の今学期の日程が決まりましたので、このブログで例年通り、ボランティアに来てくださる方を募集します!

日時:2015年3月23日24日の月曜日と火曜日、25日26日の木曜日と金曜日の4日間、朝8時45分から14時まで 
場所:ストックホルム郊外。メッセージをくださった方に詳しい場所やアクセス方法をお伝えしますね!

こんな方に、ぜひ!
  • 特別支援教育に興味がある、特別支援教育を学んでいる、スウェーデンの特別支援学校を見てみたい。
  • 重度の障害を持った子供達と関わってみたい。(私の働いてる学校は重度重複障がいを持った生徒が通っている学校です。会話が可能な子供もいますが、発語がない子供も多く在籍しています。)
  • 日本の文化を伝えたい。
というような方に、ぜひ参加していただきたいと思います。また、
今回は、ちょうど春休みの時期なので、日本の大学生の方でスウェーデンの特別支援学校の教育現場をみたい、日本の文化を紹介したいという方がいれば、ぜひご連絡をください。日本週間期間中は我が家に宿泊して学校で3日間お手伝いいただくことが可能です。希望される方や興味のある方は、メッセージをくださいね。

その他、知っておいて欲しいこと
ボランテイアになります。お給料やお礼は出ません。学校の給食と食後のコーヒーをごちそうします。また、日本やスウェーデン国内でも遠方からいらっしゃる方は、我が家に宿泊していただくこともできます。
多少でもスウェーデン語、もしくは英語が話せる方。でも、やる気が一番重要です。例年複数の方が参加してくださり、2、3名で組みになって行いますので、言語に自信がない方はおっしゃってくだされば、スウェーデン語の話せる方と組んでいただくことも可能です。
時間は、8時半に学校が始まり、14時に終わりますので、その間の都合のいい時間ということになります。できるかぎり、1日お手伝いいただけたらと思っています。数時間でチラッと見ていただくよりも、1日じっくり子どもたちや学校の様子を見ていただき、お手伝いいただきたいという気持ちがあります。
参加日数は、1日でも、2日間でも3日間でも構いません。ご都合に合わせて参加していただければと思います。 

日本週間の内容
  •  書道:書道が上手な方というよりも、楽しんで生徒ともに筆をとっていただければと思います。
  • 茶道、日本のお菓子のコーナー:毎回人気がある「食」のコーナー。
  • 折り紙:一緒に手伝って簡単な折り紙を行っていただきます。
上記のコーナーは、毎回行っていて人気のあるコーナーです。今回も行うことになると思います。このほかに、私の同僚たちが担当して、今年は、スウェーデンの夏至祭で踊るダンスのコーナーや姉妹校で作られているピースキャンドルのコーナーなどを行う予定にしています。
このほか、こんな特技があるから、ぜひ行いたいという方がいらっしゃれば、行うことも可能です。あと、日本の楽器や音楽を演奏できる、歌を歌えるという方も募集中です。重度の障害を持った子どもたちに音楽をきかせたいというような方がいらしたら、来て欲しいです! 

今回で4回目になる日本週間。毎回生徒たちに好評であるとともに、私もいろんな日本人の方との出会いがあり、楽しませてもらっています。興味があるという方、ぜひ、右のメッセージフォームからご連絡をください。もちろん、コメントに連絡先を残してもらっても構いません。コメントは承認制で公開されませんのでご安心ください。