2014年6月20日金曜日

「カナヅチ」という概念のないスウェーデン

スウェーデンの学校教育で体育は、「Idrott och hälsa(運動と健康)」といいます。この体育の成績で不可を出さないように、ABCDEの5段階評価のうちEの評価でいいので修めようと思うと、いくつかできないといけないことがあります。その中の一つが、
最低でも、平泳ぎで200メートル、背泳ぎで50メートル泳げること
というのがあります。ちょっと驚きました、私。スウェーデンは、湖などで泳ぐ習慣があり、毎年夏には溺れてなくなる人がいるため、子どもが「泳げるようになること」はとても重要です。でも、人間って、誰でも泳げるんだろうか。日本で育った私は、「カナヅチ」という言葉があることを知っているので、同じような言葉があるのか考えてみたけど、今のところスウェーデン語では見つかっていません。このブログを読んでいる方で、「知ってるよー。」という方がいらしたら、是非、コメントください!
泳げない人がいてもおかしくないと思うんですよね。私は。。。こういう成績の評価基準を設けるのって、ちょっと難しいのではないかと思ってしまうのです。。。

そんなことに関する新聞記事がでていました。ストックホルムの6年生から9年生の生徒のうち、875人の生徒が、泳げないことによって、体育の成績が出ない可能性があるとのことでした。このうち、9年生の生徒は、卒業に際しての最終成績が出ないので、かなり問題です。
そこで、ストックホルムでは、昨年夏休みになると同時にスイミングスクールを開催しました。67人が参加し、そのうち26人が200メートル泳げるようになり、19人が25メートル以上、45人が25メートル泳げるようになりました。この良い結果をもとに、ストックホルムでは泳げない生徒を対象にしたスイミングスクールを今年も開催しています。875人のうち、このスイミングスクールに参加するのは、400名ほど。昨年に比べるとかなり増えており、400名の参加者の多くは、9年生だそうです。スイミングスクールは、1日80分。参加は無料。ストックホルム市内のいくつかのプールで開催されます。ちなみに参加できるのは、(ストックホルム市内の公立学校に通っている生徒です。)

こうした泳げない生徒の中には、移民の背景を持った生徒たちが多いと聞きます。うちのコミューンでも、泳げない子どもは、早くから週に1回のある水泳の練習に参加します。スウェーデンでは、夏になると近くの湖で泳いだり、別荘のそばの湖で泳いだりして、小さい頃から水に親しむ習慣があります。こういった習慣のない国から移民でやってきたり、親が移民であったりする場合は、泳ぎを習うのが遅かったり、もしくは文化的に水着で男女ともに泳ぐことがしにくかったりします。
それでも、スウェーデンでは、「泳げない」ことは、「生死に関わる問題」として、必ず泳げるように子どもをすることになっています。
泳げないよりは、泳げた方がいいと私も思います。私は、夏でも滅多に湖では泳がないのですが、(ただ、単に水が冷たいとおもうからなのですが)スウェーデンでは、よく泳ぐので重要だと思います。教育はやっぱり、その社会や文化に根付いたものなんだなあと改めて思います。
読んだ新聞記事:Simskola ska rädda barnens slutbetyg 20140609

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントをありがとうございます。